子育て・育児

【おすすめ絵本3選】大人も楽しめる0~2歳向け絵本|ダーク解説入り

次のような方に向けた記事です。

  • これから子どもが産まれる
  • 0~2歳の子どもがいる
  • 大人も楽しめる絵本を探している
  • 子どもがいる友人にプレゼントする絵本を探している
  • すでにこれらの本は知っているが少し異なった観点での解説を読みたい

どうせ読むなら読み聞かせる大人も楽しみたい
子どもと笑顔の時間が増えること間違いなしの3冊です

  • だるまさんシリーズ ⇒ テンポが良い
  • こちょこちょさん  ⇒ スキンシップをとれる
  • パンダ銭湯     ⇒ パンダの謎を知ることができる

だるまさんシリーズ|発行部数500万部越えの3部作

  • 読んでいて気持ちがいい爽快なリズムとテンポ
  • コミカルで表情豊かなダルマさん
  • 時にハートフル&ピースフル
  • くだもの達との熱いコラボレーション
  • 秀逸なオチ
  • 3部作でありながらどの本から読み始めてもまったく問題がない

だるまの深すぎる闇

インドから中国へ仏教を伝えた僧侶・達磨。達磨が壁に向かって座禅を続けて手足が腐ってしまったという伝説にちなみ、手足がなく、顔が大きい。

引用元:だるま-Wikipediaより抜粋

座禅しすぎて手足が腐ってしまったとは、怖すぎる

そんなダークな背景があるにも関わらず、今となっては選挙に当選した際などにお祝いとして目を書く風習がある

ただ、目を書く前は片目だけである。怖すぎる

しかし今となっては、群馬が誇るキングオブ縁起物であり、いわば子ども達のインフルエンサーである

こちょこちょさん|子どもとのふれ合いで笑顔になれる

  • 読み聞かせと同時に子どもとスキンシップを取ることができる
  • 優しい絵柄にいやされる
  • ぐずっている時にうってつけ

こちょこちょさんは表紙にも描かれているが「手」である

そう、我々の様々な動作をつかさどる司令塔「手」である

幸せそうな母子に、迫りくる「手」

そして話の中盤に驚くべき展開へと発展する(詳細はネタバレになるので割愛)

パンダ銭湯|シュールでいて身も心もあたたまるストーリー

まとめ|大人も楽しめる良書

  • だるまさんシリーズ ⇒ テンポが良い
  • こちょこちょさん  ⇒ スキンシップをとれる
  • パンダ銭湯     ⇒ パンダの謎を知ることができる

以上3冊を私なりの観点で紹介しました

中でもセンス抜群なパンダ銭湯には笑わされました

この3冊さえあれば、子どもとの楽しい絵本ライフを送ることができます

また、プレゼントとして贈ると大変喜ばれます

最後まで読んでいただきありがとうございました